診療設備

 

①上部、下部消化管内視鏡 
 (胃カメラと大腸カメラ)

②マルチスライスCT

③デジタル画像処理レントゲン撮影

④電子スパイロメーター     

⑤心電計、24時間心電図記録器

⑥電子カルテ

⑦画像ファイリング

⑧心臓、腹部、体表部超音波検査

⑨HbA1c迅速測定器

⑩PT−INR迅速測定器

⑪呼気一酸化窒素(NO)測定器
富士ドライケムイムノAG

 

① 上部、下部消化管内視鏡

食道炎、食道癌、胃炎、胃潰瘍、胃良性腫瘍、胃癌、十二指腸潰瘍の診断や大腸ポリープ、大腸癌、炎症性腸疾患、痔の診断に有用です。

② マルチスライスCT

頭部、頚部、胸部、腹部、骨盤のコンピューター断層写真で 全身の幅広い病気を診断します。


脳出血、脳梗塞、脳腫瘍、脳血管病変。


甲状腺腫瘍や頚部腫瘍、リンパ腫。


肺炎、気胸、 肺気腫、肺癌、 縦膈腫瘍、
胸部大動脈瘤。


肝腫瘍、胆石、胆嚢腫瘍、膵炎、膵癌、膵腫瘍、腸、脾臓、腎臓、副腎の病気、腹部大動脈瘤、消化管穿孔、腹水貯留、内臓脂肪過多(メタボリックシンドローム)。


虫垂炎、鼠径ヘルニア、子宮、卵巣等の病気の診断。


当院のCTはシングルヘリカルCTより上級機種にあたる多列検出器CTですから、ミリ単位の断層撮影ができ、撮影時間が非常に短いという特色があります。さらにカラー立体画像構築も簡単にできます。そして実施日に画像診断し結果をお報せします。

 

例えば総合病院では初診でCTの予約をとり、別の日にCT検査を受け、更に後日結果をきくために受診しなければなりませんが、当院では何度も来院される必要はありません。

 


③ デジタル画像処理レントゲン 撮影

心肥大、肺炎、気胸、肺気腫、肺癌、胸水貯留、腸炎、腸閉塞、 消化管穿孔、尿路結石、各部位の骨折、脱臼が診断可能です。

デジタル画像処理で描出時間が早く画像解析能力があります。



④ 電子スパイロメーター

呼吸機能検査を行なう器械です。肺気量分画や努力性肺活量を測定し、 胸部レントゲンではわからない肺の働きを調べます。
喘息やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の診断には不可欠です。またそれらに対する治療の効果判定にも必要です。

 



⑤ 心電計

不整脈、狭心症、心筋梗塞、心膜炎などの診断に有用です。またホルター心電図検査は安静時には異常がなくても、24時間測定することで短時間発現の不整脈や狭心症を診断できることがあります。
当院で採用したホルター型心電図記録器は40gと軽くまた非常に小さいので、検査中の生活に支障をきたしません。

 



⑥ 電子カルテ

診察において患者様がモニターを自由に閲覧でき、常にカルテ開示 状態といっても過言ではありません。
検査、処方、注射オーダーがスピーディーで正確です。
過去の症状や検査結果の検索が簡単にでき、検査データ、お薬の時系列 表示は患者様の診療経過が把握しやすく、患者様もご自身の体調変化を 理解しやすくなります。
事務作業(受付、会計業務)が迅速におこなえ、患者様の待ち時間が短縮されます。勿論個人情報保護、データセキュリティー、カルテ情報のバックアップは 万全です。
またペーパーレスですから微力ながら環境資源保護に貢献します。
血液、病理検査は外部検査会社に依頼しますが、報告はインターネットで送られますので、メディアディスクが不要で余計な廃棄物がありません。。

 



⑦ 画像ファイリング

レントゲンCR、CTは医療用画像データとして国際標準のDICOM規格、内視鏡、心電計はJPEG規格を採用しコンピューターサーバーに保存されます。

フィルムのように経年的な劣化がなく、何度でもきれいな画像出力が可能です。また解りやすい報告書作製もできます。

すべての画像検査はフィルムレスで院内LANネットワークにより診察室の高精細医療用モニターに瞬時に写し出されますので、検査結果判明までの待ち時間が短く、過去の画像と簡単に比較ができ、お体の状態変化がよくわかります。

モニター上で所見部を拡大できますから診断力が向上し患者様も見やすくなります。

勿論、電子カルテと同様に画像情報のセキュリティーおよびバックアップは万全です。

 



⑧ 心臓、腹部、体表部超音波検査

心臓、腹部、体表部超音波検査は 以下の検査に有用です。

心臓の収縮・拡張機能、弁膜症や中隔欠損症の診断 肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓、一部消化管などの画像検査、甲状腺、頚動脈、耳下腺炎、皮下腫瘍、体表部リンパ節の画像検査

 



⑨ HbA1c迅速測定器

HbA1cとは糖化ヘモグロビンの意味で、血液中のブドウ糖と結合したヘモグロビンのことです。

糖尿病の診断に用いられる検査です。

HbA1cは1~2ヶ月の血糖の状態をあらわしますので、1回の測定で糖尿病の診断や治療中の血糖コントロール状態を把握することができます。

平成24年4月からNGSP値(国際標準値)が採用されました。 6.2%以下が正常ですが、6.5%以上で空腹時血糖が126mg/dl以上の場合、糖尿病と診断されます。

当院ではHbA1cが6分で測定できる器械を採用しています。

細い針を用いて指先から少量の血液を採取して検査しますので、静脈採血よりお楽です。

糖尿病患者さんが来院されましたら、先に検査し、診察時には結果が出力されるようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑩ PT−INR迅速測定器

心房細動による脳卒中予防治療薬のうちワーファリンを内服する場合、 定期的なプロトロンビン時間国際標準比(PT−INR)の測定が必要です。
PT−INRは70歳未満の方は2.0〜3.0、70歳以上の方は1.6〜2.6に
なるように内服量を調節します。
コアグチェックXSという器械を用いると、指先から得られる少量の
血液よりPT−INRが10秒間で測定可能です。

 

 

 

⑪ 呼気一酸化窒素(NO)測定器

気管支喘息や咳喘息では気道に好酸球性炎症があり、呼気中の一酸化窒素(NO)が増加します。
NIOX VEROという測定器を用いると成人、小児を問わず1分間でNOガス濃度が測定可能です。喘息の診断および治療効果分析に有用です。

 

 

 

⑫ 富士ドライケムイムノAG

感染症発症早期でも銀増幅原理を応用し検出感度を向上させた検査機器です。  
当院ではインフルエンザとマイコプラズマの診断で使用します。